Blog

KIJI × sign

5月も本日で終わり、

あっという間の6月。

そんなフワッと迎える月初めを

歓迎するかのようにスペシャルな

別注アイテムが本日届きました。

オープンしてからの2シーズンはインラインで。

そして、3シーズン目は別注でご用意した

モデル "KAYA"

USミリタリーの1945年の採用モデル

「45-KHAKI CHINO」をベースにした

リラックスした印象の

クラシックなシルエットには、

「スラックスのようなデニム」という

言葉がしっくりときます。

signの入り口としても

お勧めさせて頂いており、

スタッフともに溺愛している一本。

そんないつもsignの中心にある”KAYA”ですが

今シーズン、来シーズンと

インラインでの販売がありません。

そんな運びもあり、

再び素敵な機会を頂くことになりました。

どれが売れそうか。

そんなバイヤー目線の感覚ではなく、

KIJIのパンツを愛用しているファンとして

今、自分が穿きたいモノを。

プロが勧める一本であり、

ファンが勧める一本でもあります。

そんな目線で選んだからこそ

今回の生地は少し変わり種。

KIJIらしいのか、

そうでないのか。

早速ですがご紹介。


[KIJI × sign]

"KAYA"

color INDIGO

¥30,000+tax

size 3,4


<ITAME PAGE>


[KIJI × sign]

"KAYA"

color GRAY

¥30,000+tax

size 3,4


<ITAME PAGE>


フロントのワンタックや

ダブル仕様の裾デザインなど、

随所にKIJIらしい拘りのポイントを散りばめた

プロダクトはいつものまま。

反応染による色落ちしないデニム風素材で

これまでとは違った付き合い方を。

縦糸にはオーガニックコットンを使用している為、

デニムにありがちなゴワゴワした肌あたりは

初めて足を通した瞬間から

全くと言っていいほどありません。

だからこそ、これからの季節にも丁度いい。

これまでお勧めしてきた経年変化という

ニュアンスとは異なりますが、

好きなモノを変わらない形状で穿き続けるという

新しいロマンが詰まっています。

決して、分かり易くはありませんが、

この素材にした意味を

ひしひしと実感して頂けるはず、、、

好きなものだから変わって欲しくない。

時にはそんな我儘を。

お好きな方はぜひ。

6月も変わる事なく

signをよろしくお願いします。

-Blog

© 2021 sign